仕事で食品の展示会に招待されました

自分の働いてる仕事の食品会社から、今度うちの店の展示会に来てくださいと言われ、そこの食品会社の展示会に招待状をもらい、妻と入って来ました。自分の親が地元で小さい中国料理屋を経営してるので、跡取りだからと言って自分に行くように言われました。そこの食品会社では、五年に一度大きくやっているので、数日間やっていました。自宅から、車で30分かけて行き、食品会社の近くから、渋滞が始まりました。5年ぶりとはいえ、車のおおさにびっくりしました。何とか25待ち、駐車場に車を置いて、中に入ろうとしましたが人が多く、なかなか前に進みませんでした。

半分、あまり人混みが嫌いなので、帰りたいと思いましたが中に入ると、受け付けをして、展示会の会場に入る前から、ブースがたくさんありました。初めは、ドリンク類や調味料がありました。今は、ドリンクやお酒類もたくさん食品会社でやってるので、酒屋さんと変わらないくらいに多くやってるとは思いませんでした。お酒も酒飲が日本酒、ワイン、焼酎、カクテルなどありました。調味料は、砂糖、塩、味の素が主に多かったです。今度は展示会の会場内に入り、数多くの試食がありました。最近のレトルトは、自分が思ってる以上の味なので食品進歩にびっくりしてます。味もお客さんが納得のいく所の味まで入ってると正直思いました。これだけ、美味しいと数十年後には、調理師が要らない位だと正直思いました。和・洋・中と色々あり、刺身も真空パックに入ってる物もあり、味も鮮度も抜群だよと言われ、食べてみて自分もそう思いました。色々は、刺身や魚介類や和で使うものもは、和食屋さんと変わりませんでした。続いて、洋のブースにいって来ました。そこでは、自分が凄いと思ったのが、パンとパスタです。本格の味でした。

その後、自分が一番楽しみにしていた、中華のブースに入りました。そこでは、料理の味付けに素にびっくりしました。エビチリや回鍋肉がはじめにありました。食品会社のメーカーがこんなに進歩してるとは、思いませんでした。スーパーで売ってる素も美味しいですが、メーカーの味は、プロと変わりませんでした。自分も調理師になって、約20年ですが日々進歩する味にある意味感動しました。他も色々廻りサンプルをたくさん貰って行きました。正直、今回の展示会では行って良かった思い、自分でもプラスになりました。日本の食品のレベルの高く今後、調理師の刺激になるので、また機会があったら行きたいと思います。